HOME » 研究内容 » i-a 気候変動に伴う気象災害リスクの評価

i-a 気候変動に伴う気象災害リスクの評価

(サブ課題代表:竹見哲也(京都大学・防災研究所))

  • 創生プロ等の気候変動予測情報を用いて力学的および統計的にダウンスケールして極端現象による気象外力を工学応用のために評価する手法を確立する。
  • 気候変動に伴う豪雨・強風・台風などの極端現象による気象外力の将来変化とその不確実性を領域スケールで評価する。
  • 強大台風など低頻度極端事象に関する予測情報を用いて最悪シナリオに基づく気象災害規模を領域スケールで評価する。
  • 社会基盤や経済活動への影響評価のための気象災害に関する基盤的情報を創出する。

本テーマのメンバー用Bulletin Boardはこちら