HOME » 研究内容 » i-d 気候変動リスクの社会・経済影響と適応策の評価手法の構築

i-d 気候変動リスクの社会・経済影響と適応策の評価手法の構築

(サブ課題代表:多々納裕一(京都大学・防災研究所))

本課題では,気候変動に伴う災害環境の変化が引きおこす経済的影響を把握するために必要な経済モデルの構築と適応策の効果を分析するための分析枠組みの構築を目指す。

  1. 主として、気候変動によってもたらされる洪水や高潮等のリスク変化によってもたらされる浸水リスクを地先レベルで把握しうる統合型水害リスクコミュニケーション支援システム(iFRiCSS)の開発を実施する。
  2. 想定すべき経済被害の項目として、直接被害のみならず、大規模な浸水の発生に伴って生じる間接被害の計量化のためのモデル構築を進める。
  3. 避難計画などの超過外力対策を含む種々の適応策の効果を分析するための分析モジュール開発に取り組む。これらの一連の研究によって、個別リスクの計量化を進めている他の研究課題を取り込むことによって、気候変動の経済影響と適応策の総合的な評価を実施することを試みる。

本テーマのメンバー用Bulletin Boardはこちら