HOME » 研究内容 » ii-b 水資源・水循環の人為的改変を含めた評価研究

ii-b 水資源・水循環の人為的改変を含めた評価研究

(サブ課題代表:沖 大幹(東京大学・生産技術研究所))

  • 入力データのバイアス補正技術の開発も含め、水資源モデルの一層の高度化・高解像度化を図り、社会が求める情報を細部にわたって使いやすい形で提供する。
  • 温暖化ガス削減シナリオ・社会シナリオを網羅的に定義し、それらの実現可能性も考慮したうえで、水循環を介した気候変動による社会的影響を包括的に評価する。
  • 水循環水資源モデルにとって入力データとなる気候モデルの予測結果や水資源モデルや影響評価モデルに内在する誤差要因について丁寧に解析し、それらに起因する不確実性を定量化することで、社会影響及びリスク評価に確率情報を付加する。
  • 取排水や貯留・放流など人間活動を明示的に組み込んだ全球水循環水資源モデルの構築。
  • 不確実性を考慮した将来の水資源・水循環推計 気候変動リスクを考慮した農業生産及び食料消費水準の予測モデルの開発。
  • 気候変動下での水資源・水循環の脆弱性及び頑強性の評価及びそれらの不確実性を提示。
  • 農業分野における気候変動リスク軽減のための市場メカニズムを活用した政策手法の提示。

本テーマのメンバー用Bulletin Boardはこちら